住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいはそこに住む人の個性が顕著に現われます。子供の有無、家で仕事をしているかどうかなど、一目瞭然の空間です。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいは住む人の個性がよく現われる空間

住まいというものは人間が基本的な生活をする場であり、なくてはならないものです。どんな簡素な物であっても、これがなければ、日本の気候の中では生きていくのは難しいでしょう。そして、この住まいはそこに住む人によって、かなり使われ方に違いが出てきます。同じ作りの建売住宅にしろ、分譲住宅にしろ、同じ住宅には見えないくらいの差が出ます。

この差はそこに住む人の個性が現われる事による違いが一番大きいでしょう。例えば、子供がいる家庭といない家庭では全く住まいの状況が違ってきます。どうしても、子供のいる家庭のほうが、物は多くなりますし、散らかりやすくもなるでしょう。そして、明るい色の物が多くなるでしょう。ですから、子供が住んでいる住まいは明るいポップな色の物が多いかもしれません。それに比べて、子供が住んでいない住まいはモダンな感じがするかもしれません。お洒落な家具を好む人も多いでしょう。

また、その住まいで仕事をしている人もいるでしょう。個人事業主として、その住宅の一部を利用しながら、収入を得ている人もいるでしょう。そういう場合、住まいが生活をするだけの場ではないわけですから、また変わった個性を持つでしょう。住まいというものは住む人の個性がよくわかる空間と言えるでしょう。

関連リンク