住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいの知識として長期優良住宅についての概要や認定条件、認定されるメリットについて説明いたします。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいの知識:長期優良住宅について

住まいの知識として、長期優良住宅について説明いたします。長期優良住宅とは、長期優良住宅の普及の促進に関する法律により制定された、ある一定基準を満たした住宅のことです。住宅を長期的に使用することにより、住宅の解体や除却に伴った廃棄物の量を減らしたり、環境への負担をなくすという目的と、長く使い続けることで改修費を削減し、国民の負担を減らし、豊かで優しい生活を促すという目的で作られた認定住宅です。具体的には耐震性を高くすること、耐久性を高くすること、維持管理がしやすい構造にすること、一定の広さを確保し住みやすくすること、省エネルギー性を高くすること、周辺の環境と調和すること、住宅の修繕履歴などを残すことなどが求められます。

長期優良住宅のメリットとしては、認定されると、木造住宅の場合は補助金が100万円前後出ることや、住宅ローン減税が受けられ、控除率は最大1.2パーセント受けられるという点や、フラット35という全期間固定金利のローンが組め、金利も優遇されるという利点があります。またその他の税制優遇として、所得税の特別控除、登録免許税、不動産取得税、固定資産税においても一般住宅よりも良い内容で優遇がしてもらえます。各種優遇内容は期限付きですので、自身で調べて把握しておきましょう。

関連リンク