住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいは、見た目ではなく、快適さと省エネと健康を考えて作られたバランスの良さが大事だと認識しましょう。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいは、快適さと省エネと健康のバランスが大事

住まいを選ぶ時、あるいは建築してもらう時に、希望の優先順位を付けて、予算に合わせて、できるだけ満足の得られる住まいをと、だれもが思うものですが、現代的で素敵な見た目が、外も中も良いものに惹かれてしまうという人が、多いようです。設備も最新のものですから、快適には違いありませんが、住んでみると、季節に合わせて快適な保温をするためには、最新設備の稼働のための光熱費に大きなコストがかかるということもあります。

家そのものの構造において、保温性能の高いものを選んでおけば、冷暖房が必要な時期でも、空気の温度の変化の高低が緩くて、家そのものの快適さがあります。湿度や換気の性能面と密閉性の具合とのバランスが良いからです。その優れた構造が、最新設備の性能も活かしてくれますから、省エネ住まいとなります。そして、それらは、健康にも関わってきます。廊下やトイレやバスルーム、玄関などへの移動においても、温度の差があまり無いというのは、大事なことです。また、それに加えて、空気のクリーンさや湿気や乾燥などのコントロールなど、西や北などの、環境的に悪くなる場所の部屋も、東や南にある部屋と同様に、採光や通風の良さを考えた間取りであってこそ、本当の良い住まいと言えるでしょう。

関連リンク