住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいで大事なキッチンの設備。樹脂加工をした素材やステンレスを使用したキッチンパネルが多いようです。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいの設備キッチンパネル

住まいを選ぶ時に覚えておきたい、キッチンで使われる言葉や設備、機能についての知識です。まずはコンロまわりに張る内装材である、キッチンパネル。目地が無く、油汚れを落としやすいというのが一番の売りです。料理をするとなると火を使う機会が多く、炒めている油がはねたり、鍋の中身を茹でこぼしてしまったりは日常茶飯事なので、掃除は簡単に越したことはありません。コンロのまわりは、高温になったり火が上がったりするので火に強く燃えない素材であるタイルが使われることが一般的だったようです。磁器質のタイルを貼った壁は、油がはねても表面の汚れは拭き掃除できれいになります。しかし、目地についた油汚れが落としにくいのが難点です。この悩みを解消するのが、キッチンパネルです。不燃材にフッ素樹脂加工やメラニン樹脂加工をした光沢があり石のような見た目の素材やステンレスを使ったものが多いようです。

初めはコンロのまわりにだけ使われていたそうですが、シンクや作業台のまわりもキッチンパネルで覆って掃除の手間を減らしたキッチンも多くなっているみたいです。タイル張りよりも安価なのも魅力の一つです。ただプラスチック系の素材が主なので、色合いがあまり無く、華やかさにかけ、目地もないので単調な壁のような印象を受けるかもしれません。