住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいの知識として住宅ローン控除の内容について、具体例や年収別の控除額を交えながら説明します。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいに関する知識:現在の住宅ローン控除

住まいの知識として、2014年4月における住宅ローン控除の内容について、具体例や年収別の控除額を交えながら説明いたします。住宅ローン控除とは、年末時点でのローン残高の1パーセント相当額が所得税から戻ってくるという内容であり、現在の制度では10年間控除期間が設定されています。入居の翌年に確定申告をすれば、納めた税額の範囲でお金が戻ってくるという制度です。控除の対象額は住宅用の場合に限られ、4000万円までとなっています。

控除額が所得税よりも多ければ住民税からも戻ることになりますが、それにも上限がありますので、ローン総額の1パーセントという額が全額戻ってこないというケースもあります。また戻る額は年収や世帯において微妙に異なります。専業主婦がいる片働き世帯と共働き世帯によっても戻ってくる金額が異なり、具体的には年収500万円までの世帯においては共働き世帯の方が多くお金が戻ってくることになります。参考例としては、借入額が3000万円で世帯年収500万円の場合、共働き世帯では265万円が戻ってきますが、専業主婦がいる片働き世帯の戻ってくる金額は240万円となり、少し少なくなります。自分の世帯の年収と、住宅ローン控除の金額をよく確認し、住宅購入時のフィナンシャルプランに見込んでおくことが重要となります。

関連リンク