住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいのプロは住まいのことなら何でも知っているわけではありません。そういうことを認識しておくべきです。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいのプロが言っていることが必ずしも正しいわけではない

不動産会社の担当者、建築関係の業者など、住宅を購入するときにはさまざまな人と会って、疑問点について伺いを立てなければならないことが必ずあります。しかしここで一つ注意しておきたいのが、不動産会社の人間であれば不動産については何でも知っている、また建築関係の業者さんであれば建築について何でも知っている、という考えは誤解であるということです。不動産会社の人間であっても、不動産について知らないことはたくさんあるし、建築業者であっても建築についてわからないことはあるのです。

しかし、問題なのは、ことが住まいに関わることであるということです。スーパーに言って商品の説明を店員に求めるというのとはわけが違います。住まいの購入というのは、おそらく人生でいちばんと言ってもよいほどの大きな買い物です。間違っても失敗があってはならないのです。そうした中で、専門家だと思っていたひとの意見を鵜呑みにしてしまったがために失敗したとなっては、泣くに泣けないでしょう。ですから、たとえ相手が不動産会社の人間であっても、また建築業者の人間であっても、その意見が絶対でないということを認識しておいた方が良いのです。鵜呑みにしないで、いろんな人からの意見を参考にして、住まいの購入を検討していくべきなのです。

関連リンク