住まいの選択は一生を左右する買い物

オール電化の住まいというのが増えてきていますが、ガスが劣っているわけではなく、ガスにも優れたところがあります。

住まいの選択は一生を左右する買い物

オール電化とガスの住まい

これからの住まいはどんどんオール電化が進んでいくことが考えられます。オール電化というのは、住まいのエネルギーの創出がすべて電気で賄われている住宅のことであり、こうした住宅が日本中の至るところで増えています。しかしなおガスと電気の併用でもってエネルギーを創出している住まいというのも少なくありません。またオール電化ならぬオールガスの住まいもちらほらと見られます。どんな住まいにするのかは人の自由ですので、こうした住まいのあり方や選択肢がたくさん増えるのはとても良いことです。

オール電化の良いところは、やはりエコなところではないでしょうか。電気でもってエネルギーを生み出すことができれば、環境にとって非常に良いことです。それからオール電化は火災の危険性が他の住居形式よりも低いです。オール電化のIH式クッキングヒーターは火を使わず、電力で食物の加熱処理をすることができますから、火事の心配が少なくなります。といって、ガスが必ずしも劣っているわけではありません。ガスの強みはそのエネルギーの強さではないでしょうか。特に寒い地域では、いち早く住宅が暖まることが求められます。オール電化だとどうしてもその速度やパワーは落ちてしまい、北国の生活には合わない部分があったりもします。ガスはそのパワーを発揮して、北国でも支障なく過ごすことができるというところが強みでしょう。

関連リンク