住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいは一生モノです。その購入は慎重を期し、遠慮をせずにいろんなことを担当者に聞くべきです。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいの購入は図々しいくらいがちょうどよい

住宅の購入をするときには、遠慮をしていてはいけません、住まいというのは人生を大きく左右するものです。その購入にはどんなことがあっても失敗してはいけません。住宅の購入はもし失敗すれば、簡単に引越すこともできず、簡単に売却することもできず、リフォームするとなってもお金がかかりますし、またもし欠陥住宅であったりすれば、それだけで暮らしは台無しになりかねません。ですから、もし購入するときに判らないことがあったりしたら、遠慮せずにいろんな人から意見を聞き、不動産会社の人ともしつこいくらいに話し合いをするべきなのです。

不動産会社の担当者への質問や要求を、よく遠慮をしてしまう人がいるのです。たとえば、何度も同じ質問をするのは相手に悪いだとか、内見を何度もお願いするのは気が引けるだとか、もっとほかに良い物件がないのかをしつこく聞くのは良くないだとか、そうして遠慮をしてしまって、肝心なところがわからず仕舞いで購入を決めてしまうということが多いのです。住宅の購入に遠慮は禁物で、むしろ図々しいくらいに意見をうかがうことが大事なのです。それは何より、住まいというものが人生にとってかけがえのないものであり、決して蔑ろにしてはいけないものだからなのです。