住まいの選択は一生を左右する買い物

新しい住まいに引っ越す上で気になるのが収納。収納の量次第で、生活の快適さが変わってきます。

住まいの選択は一生を左右する買い物

新しい住まいは、収納力を重視しよう

新しい住まいを選ぶときに必要になってくる要素はいくつもあります。例えば、駅からの近さであったり、ユニットバスが別々なことであったり。今回は、その中でも、収納の量について書きたいと思います。収納は、生活をする上で無くてはないものです。たまにしか使わないものを閉まっておくだけでなく、居住空間の清潔さを保つためにも収納はなくてはなりません。

収納は、大きく分けて2つあります。1つは、普段は使わない、スーツケースであったり、鯉のぼりや雛人形などの季節のものを閉まっておく場所です。これらの収納に向いているのは、ウォークインクローゼットや、サービスルームなどといった、大きめの収納部屋です。2つ目は、洋服や日常雑貨などをしまう収納です。こういう収納は、各部屋に付いていることが大切です。

では、収納が多いとどのようなメリットがあるのでしょうか。1つは、部屋にタンスやハンガー掛けなどの収納家具を置かないでいいので、広々と使えることです。2つは、家の中に収納があることで、貸し倉庫などを使わないでいいことです。そうすると、貸し倉庫のお金を払う必要がなくなります。このように、収納が多いことは、経済的にも魅力的なのです。

関連リンク