住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいを購入する際に、売りやすい物件を購入することは、将来の買い替え時にもスムーズにことが運びます。

住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいの買い替え計画について

住まいを購入する時はずっとその家で住むつもりで買う人が多いですが、会社勤めですと、転勤や家族構成が変化して売却や賃貸に出す事例は少なくありません。突然訪れる転居に対応するには、売りやすいマンションなどを選んでおけば、買い替え時の資金計画もスムーズに進みます。また将来買い替えることを前提で住まいを購入するのであれば、戸建てよりもマンションを選び、中古マンションの相場を定期的にチェックすることで、資金計画の材料にすることができます。

次に売りやすい物件の特徴について説明いたします。意外にも高額で特殊な物件より、標準的で使いやすい物件の方が値段がつきやすく、需要も継続的にあるということが言えます。またメリットが分かり易い物件は常に需要がありますので、そのような物件をおさえるようにしましょう。具体的には南向きの物件、駅近物件、眺望が良い物件などがメリットをアピールしやすいので、お勧めです。また間取りについては標準的な3LDKで面積は70m2以上が受け入れられやすいため、2LDKや4LDKよりも需要がありますので、覚えておきましょう。このように将来住まいを買い替える際に気をつけておきたい物件選びについて説明しました。

関連リンク