住まいの選択は一生を左右する買い物

住まいの選択は慎重にすべきですが、マンションにすべきか一戸建てにすべきかというところは悩みどころです。

住まいの選択は一生を左右する買い物

マンションか一戸建てかという住まいの選択

人生で最も大きい買い物、それが住まいです。失敗のなるべく内容にしなければなりません。多くの誘惑、多くの悩みごとを経て、良い住まいに巡り合うことが、住宅購入には必要です。たとえば、マンションが良いか一戸建てが良いか、という部分も、住まいの選択としてとても悩む部分のひとつです。

マンションのメリットはどこにあるでしょうか。いちばんのメリットとしては、マンションというのは都心に建っていることが多いということです。都心というのはそれだけ商業施設の充実だったり、駅からの距離だったり、職場へのアクセスだったりと、便利な環境が整っています。それはまた、多くの教育的な施設が集中しているということでもあります。まずこうした立地条件の面でのメリットがマンションにはあります。それから、マンションは管理が楽です。マンションには共用部分がありますが、そうした管理は管理人の仕事であって、いつもきれいな状態で生活を営むことができます。これもマンションの利点でしょう。

マンションのデメリットとしては、隣人のたてる物音、すなわち騒音でしょう。階上の住人の足音などもかなり気になります。また自分の家で建てる物音が原因で隣人とトラブルに発展することもあります。こうしたメリットとデメリットを踏まえて、住まいの選択をしたいものです。

関連リンク